Blogスピリチュアルブログ

茶道とセラピーの本質

2014.05.19

昨日は茶道の稽古でした。
10代から70代の方が集まり、面白い回でした。懐かしいなあ、自分も中学生だった。

茶室で新緑の風を感じながらのお稽古はとても清々しく、気持ちよかったです。
20140519-112753-41273149.jpg
※写真はイメージです

これは私の考えですが、
茶道とセラピーはひどく似ています。

自分は、「今、ここ」にいる。まずはその一点のみに集中する。

そして、目の前の方に、最高最善に過ごしていただけるよう、おもてなしをする(空間からコミュニケーション、すべてがおもなしであるが、共にメインの行為があり「茶を点てること」或いは「マッサージをすること」)。

行い手は、ただその目的に向かい、五感をフルに使い行っていく。(茶道ならば炭の加減、湯の沸き立つ音。セラピーなら相手の皮膚の状態、むくみ、凝りなど。)

受け手も同じく、五感を使い、感じ取ってゆく(茶道ならば、この茶碗はどこのだろう?今日はなぜこの掛け軸なのかな。セラピーならば、アロマの香りや、ああ私はここが疲れていたのだな)

というような具合です。
茶室も、サロンも、サンクチュアリのような空間ですね(^o^)

フランキンセンス

2014.05.16

大好きなフランキンセンスの香り♡

20140516-101638.jpg

日本では「乳香」と呼ばれるフランキンセンス。
イエスキリストの誕生の際に祝いの品として贈られたことでも有名です。

古くから、寺院や、瞑想で使われてきたのですね。そういわれてみると、そんな神聖な香りがします。

よく美容液にも使われているのも見ます。
ウッディ?スモーキー?いい香り♪

レイキという手当てについて

2014.05.14

※この記事は今後レイキについて詳細に編集予定です

昨日はレイキの最終伝授を受けて参りました。

レイキというのは、霊気。大正時代からある手当て療法です。
(※大正時代に日本から始まり、今や欧米諸国でのほうがレイキ人口は多いと言われています。気功と似たものですが、気功は「人為的に作り出す気」であるのに対し、レイキは自然に流れている「頑張らない、あるがままの気」です)

昨年夏に始めての伝授を受け、日々の中でレイキを練っていきました。

よく、エネルギーに敏感なお客様から、
「手から何かでているよね」
「今何か送りました?」
「気を使っていたりします?」
と言われるのですが、それは恐らくレイキのことであると思われます。

或るお客様は、
「その辺のマッサージより効く」
とおっしゃられました(・ω・A;)

私の感覚では、気(エネルギー)というのは、ただただ温かい。そこに手を触れられているだけで心地が良い。というものです。

そもそも、マッサージやトリートメントは、「手当て」が起源です(*^^*)

要は、
“お母さんが、子供に、いたいいたいの飛んでゆけ〜”とやってあげる、アレです。
あるいは、“お腹がいたい時に、お腹をさする”、コレもそうです。

誰でも本能として備わっている行為です。

最終伝授が終わった今ここから、さらにこの気(エネルギー)は磨かれ、定着していきます。長い年月をかけて。

お客様におかれましては、セラピーの手技だけでなく、そんな気のパワーも楽しみに受けられていただけますと幸いです(*^^*)

20140514-133647.jpg

生体エネルギー水を導入しました♪

2014.05.13

それがなんなのやら私もまだよくわかっていないのですが( ̄▽ ̄)

とにかく、
お水をサロンでお飲みいただけるようにしました!!

トリートメント前後の飲み物は、「水」が一番相性が良いですから。

20140512-140040.jpg

楽チンなポット型浄水器がないかなーと家用に探していたら、いいものを見つけてしまったので、サロン用にも置きました。

水にうるさい私の感覚では、「まろやか」。
日本人には軟水が一番合いますからね♪

細胞を元気にする酸化還元力に優れているようです(・ω・)ノ
与那国島の化石サンゴも配合されていて、ミネラルも豊富だとか。

・細胞がイキイキとし生命力アップ
・ミネラルがたっぷり
・トリートメント後の体液の循環を促進させる

って覚えておいてください( ̄▽ ̄)

これでようやく、お客様にお水をお飲みいただけるようになって、私は嬉しいです(´ ; ω ;`)

体の地図を書けますか?

2014.05.12

書きたいことがたくさんあって追いつきません(´ ; ω ;`)

昨日はこんな良著を読みました。

体の中身、図にあらわして書けますか(*^^*)

私は無理でした…
プロのセラピストとしてなんたるや

しかし、自分の体のことなのに、
中に入っている臓器の場所や仕組み、脳みその中身、説明できないのもかんがえてみればおかしな話。
神経系がどうとか、内分泌系は、循環器系は、呼吸器系、消化器系…

さてさて、わかりますか?!説明できますか(^o^)

みな、仕事や趣味のことはたくさん勉強して、説明できるのにね。

解剖学の分厚い本はたくさんありますが、子供から一般人むけに、体のことがここまで「ざっくりと」わかる本ってないです。

すっごくおすすめ。

みんなが一生付き合っていくたった一つの持ち物ですから☆

1 98 99 100 101 102 103 104