Blogスピリチュアルブログ

今年も!6周年キャンペーン

2020.11.09

サロンも明後日11/11ポッキーの日で、6周年を迎えます。

毎年思うのですが、自分の誕生日を迎えるよりも感慨深いものです。

ご利用下さる皆さんがいなければここまでやってこれなかったので、本当にありがとうございます。

これからも引き続きよろしくお願いいたします!

ということで、毎年11月にやっている、アニバーサリーキャンペーンです!

今年はこの3つです。

定番のヒーリングセッションと、今「推し」の瞑想アチューンメントの二つをご用意しております。

是非ご利用くださいねんっ♪

各メニューの詳細は、上記メニュー名をクリックを。

オンライン予約サイトはこちらから。

と、今日は瞑想に来てくださったお客様のことをブログに書きたくって準備していたのですが、これ以上書くとネタが分散するので、そのことはあす書きますニャ=^_^=

―フォースと共にあらんことを!

*AYANA*

ねこ様ものがたりを更新中(=^・ω・^=)


ブログにない精神世界のディープな情報を、毎月お届けしています。内容のボリューム・情報の質にこだわった、ヒーラーAYANA渾身のコラムです。

●ヒーリングメニュー

・光のヒーリングセッション90分 ¥20,000
・光のヒーリングセッション60分 ¥15,000
・光のヒーリングセッション45分 ¥11,000
・「初回限定」瞑想体験レッスン60分 ¥7,500

◆ヒーリングセッション一覧
◆瞑想レッスン一覧はこちら

目黒駅徒歩3分 「ヒーリングサロンAYANA(アヤナ)」
東京都品川区上大崎3-10-60 セルバ目黒101
オンライン予約(24h対応)
サロンホームページ / アメブロ

※ご来店メニューは女性専用・男性は紹介制となります。リモートメニューはどなたでもご利用いただけます。

「頑張らなければ認められない」という潜在意識

2020.11.08

昨晩、久々に自分自身にヒーリングをした。
うちのヒーリングセッションでもメインで行っている、「ネガティブな思考の解放」のヒーリングだ。

私はどうやら、自分の中にとてつもない「罪悪感」「自己嫌悪」を溜めていて、そろそろこれは手放したほうがいいんじゃないだろうか、と思うに至ったからだ。

昨夜ヒーリングセッションを自分にする前に、まずは瞑想をしていたのだが、
その時にものすごく「自分が嫌いだ・・・」「失望している・・・」という声が内側から湧き上がってくるのを感じた。

この「内なる声」は、巷で皆が「潜在意識」と呼んでいるもの。または、「インナーチャイルド」、なんていう風にも言う。

一体自分の中の「自分が嫌いで、失望している」という声はどのようなことなのか感じてみた。

まあ、感じるまでもなく、“チリツモ”で、日々の小さなこと、
例えば朝起きられないとか、今日もブログを書けなかったとか、おやつをたくさん食べてしまったとか・・・
そういう小さな一つ一つに、「自分ってダメだな」という想いを募らせていて、募らせているのに、やりすごしている。

それが子供のころから相当量溜まっており、私の内なる子供がスクリームしているのを気づいた。

塵も積もれば山となる、で、自分への罪悪感や不甲斐ない思いが相当量、溜まっていたようだ。

ここでやっかいなのが、私自身の別の側面として持ち合わせている「けっこう自分に自信がある」という面だ。
変な言い方だが、私は子供のころからわりと何でも“できてしまって”、何でも少しの努力で割といい結果を残すこともできてきた。
自分の能力をわかっていて、気に入っている。そんな側面があるのも真実なのである。

だからこそ、小さな一つのことにできなかった罪悪感、があっても、スルーしてある程度の結果を“もちまえの能力で”出すことが出来る。
これが「トラップ」となり、罪悪感や自己嫌悪といった感情をスルーしてきてしまった原因だ。

瞑想的に生きていると、このような自分が潜在的に蓄積しているネガティブな感情がどんどん浮上してくる。
瞑想、とは、すなわち自分を内観することでもあるので、おのずと自分の中の見たくない部分に気づいてしまう。
これが本当に苦しい部分でもあり、もちろんうまく解放できれば、素晴らしいギフトにもなる。

瞑想の先生が、以前私に言ったっけ。
「瞑想をすると、人生がロケットに乗ったように展開する。でもそうなる過程として、苦しみもある」
というようなことを。

話が瞑想のことに逸れてしまったが、とにかく、浮上してきたネガティブな感情は、自分自身のために、解放してやらなければならない。

ここで、ヒーラー、ヒーリングセッションの出番である!

普段なら友人のヒーラーにセッションをお願いしたいところなのだが、深夜ということもあったので、この湧いてきた「自己嫌悪感」と向き合うのに、自分で挑むことにした。
普段クライアントにするように、ユニバースからのインスピレーションも借りて、自分の内側を探索する。
「私はなぜ、よく自己嫌悪を感じてしまうのだろう」
「なぜ、ここまで罪悪感を溜めてしまったのだろう」
「これは、いつから始まって、癖になっているのだろう」

すると、幼少期のビジョンが思い浮かんだ。
いまでも習っている、エレクトーンのレッスンの風景である。
「ああ」と自分ですぐに直感がいった。
この時、エレクトーンの上達を母親から期待されていて、なかなかスパルタの先生についていたのである。

その時の「小さなアヤナ」に想いをはせてみた。
「うまく練習できてなくて、申し訳ない。私は本当にダメだ・・・」
おまけに、語尾に、「orz」が付いているようなニュアンスだった(笑)
「存在しているのも申し訳ない。できるだけ、頑張ってみますので><」とも思っていた。今思うとかわいらしいが、7、8歳の子にかわいそうである。

どうやら、ここが、2020年の大人の今でも引きずってしまっている、「できない自分への罪悪感・自己嫌悪」の原因らしい。

私はその場面、その時の自分にヒーリングを送った。
「頑張ることで、存在を認められる」
これはつまり、
「頑張らなければ、認められない」
ということだ。
これは、私だけでなく、日本人、もしかしたら多くの人が、持っていそうな潜在的な思考であるように感じる。

現に、少しリーディングを進めてみると、この制限のある思考は、私の先祖、つまり遺伝的に代々受け継いてきた思考のように観えた。

・・・結果、どうであろう?

今日は、毎朝罪悪感を感じていた「寝坊」をしませんでした。
誇らしく、清々しい気持ち。

あんなに起きられないで、罪悪感を感じていたのに。

ヒーリングって、やっぱり魔法ですね。

秋のアウトプット祭り

2020.11.06

秋だから、というわけではないが、芸術に関心が行ってこのところやたら美術館に足を運んでいる。
先月のブログでも旅に出ては美術館を訪れているのを書いた。
また、創作意欲がやたら湧いているのも、最近の私だ。
とにかく、何かを感じ、創り出したいという欲求が止まるところを知らない。
アウトプットがしたくてたまらないのだ。

先日、いつもお世話になっている同業者のセラピストAさんに、エネルギー調整をしてもらったところ、
「欲求不満って感じのエネルギーですね」と言われた。
これは性的な意味ではないが、性的な意味での欲求不満な人と同じようなエネルギーをしているのだそうだ。

Aさん曰く、
「アヤナさんは意外に言いたいこと言えていないんじゃない。」
「ヒーラーという手前、本当に感じたことよりも、相手が受け取れるような言葉に変えて、伝えるでしょう」

「それは、そうですね」私は言った。
だって、結婚できるかというクライアントの問いに、「できないと思います」などと言っていいわけがないのだ。
もちろん、精度の高いセッションをお届けするため、真実だけを伝えるようにしている。

だから、結婚できないだろうな。と思ったクライアントに、「できますよ」と嘘は言わない。プロとしてのポリシーがある。
その一方で、「結婚できません」とも言えない。
そのケースにおいて、たいていそれは、クライアントの求める言葉ではないからだ。

そこで私は、だいたいこのように伝える。
「今のまま行くと、これこれこういう感じになれますね^^でも、ここをもっとこうしたら結婚できるぞ!というもっとスムーズなところにまで行けるから、ここをヒーリングしてもいい?」

このように伝えれば、すべて真実だし、何一つ嘘を言っていない。
そして、クライアントも、私も、ふたりとも気持ちがいい。来てもらった甲斐もあるというものだ。
自分で言うのもナンであるが、職人の技というものであろう。

しかし、こうやって、ユニバースから来た言葉を直訳せずに、「言葉を考えぬいて、表す」という作業が、Aさん曰く、どうやら私の「欲求不満」のストレスになっているらしい。

この仕事は、ユニバースからの翻訳家みたいなものだ。
ただ直訳するだけでは、だめなのだ。
さしずめ私は、「エネルギー翻訳家」とか、「宇宙翻訳家」とかと名乗ってもいいのかもしれない。

私はこの「翻訳のストレス」を愛してもいる。
そうでなければ、ヒーラーなどできまい。この仕事の微妙さ、曖昧さに、恋しているのだ。

・・・しかしながら、肉体がストレスを感じている以上、欲求不満は吐き出さねばならない!

かくして私は、この秋、とことん自分の中にたまったエナジーを、吐き出して表現すると決めた。
アウトプットの秋にするのだ。

それが冒頭の記述にもつながるが、先々月や先月あたりからやたらと「何かを書きたい」とか「創作意欲がある」と訴えていたことにつながるのであった。
突如、今日の昼から立て続けにまた晩も、このように2度もブログを書いてしまったのも、この『秋のアウトプット祭り』の一環である。

アウトプットをどんどんして、エネルギーが流れていけばいくほど、みなさんにさらによいメッセージを、セッションや瞑想で流していけるはずなので、ご期待されたし。


創作意欲は、こんなところにも。初めて作ってみました。

睡眠と瞑想の効能

2020.11.06

瞑想。

やはり、なんだかんだ言って、瞑想する時間が一番自分の癒される時間だ。

「ああ、還って来たな。」

と、ホーム、故郷のような感覚がある。

日常の瞑想習慣のない一般的な人々は、その安堵感といえば、「夜、就寝する時」なのだろうと思う。

私自身も、夜眠るときは、そのような至福の感覚を味わう。

「もう、何も考えなくていい。すべて脱ぎ捨てて、委ねていい。ただ、落ちていっていい」あの感覚だ。

それが、「瞑想」というものを人生の習慣に招くと、その「寝しなの安堵の至福」の回数が増える。

単純計算で、至福の回数が一日の中で増える。

これこそが、瞑想の真価なのかもしれない。

「全て任せていい」という安堵は、まさに、ユニバースの愛そのものだからだ。

フォースとは、光とは、宇宙の純粋エネルギーとは、

ただただ絶対で、あるがままで、すべてを肯定するエネルギーだ。

そのことを、「無条件の愛(unconditional love)」という。

思考を離れて、無条件の愛の感覚に委ねる機会を持つこと。

それが、睡眠、瞑想、その両方の効能だろう。

もちろん睡眠には肉体を休めるという効能もあるだろうが、脳を休めて無条件の愛につながる――。

それがなくては、人は生きていかれないと思う。

そしてその回数は、多ければ多いほどいいに決まっている。

私なりに言わせてもらうと、

睡眠(つまり1日1回の無条件の愛へのアクセス)で生きていくことが出来て、

瞑想もとりいれて(つまり、1日2回以上の無条件の愛へのアクセス)で、

より気づきをもって生きていくことが出来るところまで“上がれる”。

そんな風に思う。

秋って、なんとなく、「瞑想」が似合う季節だと思いませんか。



―フォースと共にあらんことを!

*AYANA*

ねこ様ものがたりを更新中(=^・ω・^=)


ブログにない精神世界のディープな情報を、毎月お届けしています。内容のボリューム・情報の質にこだわった、ヒーラーAYANA渾身のコラムです。

●ヒーリングメニュー

・光のヒーリングセッション90分 ¥20,000
・光のヒーリングセッション60分 ¥15,000
・光のヒーリングセッション45分 ¥11,000
・「初回限定」瞑想体験レッスン60分 ¥7,500

◆ヒーリングセッション一覧
◆瞑想レッスン一覧はこちら

目黒駅徒歩3分 「ヒーリングサロンAYANA(アヤナ)」
東京都品川区上大崎3-10-60 セルバ目黒101
オンライン予約(24h対応)
サロンホームページ / アメブロ

※ご来店メニューは女性専用・男性は紹介制となります。リモートメニューはどなたでもご利用いただけます。

【初回限定】瞑想体験レッスン

2020.10.29

「【初回限定】瞑想体験レッスン」という、どなたでも瞑想をご体験いただけるメニューを始めました。

60分7500円です。

こちらは、ご来店のみのメニューですので、女性限定になってしまいますが(ご紹介での男性はOK)

・サロンのご利用が初めての方

・サロンの利用はあるけれど、瞑想は初めてという方

つまり、サロンAYANAでの瞑想が初めてのすべての方対象です。

60分の中で、「瞑想のやり方や効果」「実際の30分の瞑想体験」をレクチャーいたします。

かなりきちんと瞑想について理解することが出来、感じることが出来ると思います。

「瞑想アチューンメント」という実際に瞑想を習慣化するためのメニューが今月から始まりましたが、人によっては敷居の高さがあると思い、今回体験レッスンを用意してみました。

瞑想を取り入れることは、まさに昨今の時代の先駆けですね。

是非アクセスしてみてくださいね。

【初回限定】瞑想体験レッスン内容
オンライン予約



―フォースと共にあらんことを!

*AYANA*

素直なMさん

2020.10.19

美瑛のお花畑です。

手前は、ダリアの花畑!ダリアって、大好きです~~。

山々も見事に紅葉していて、秋の北海道を堪能できました。

東京も冷えてきたので、うれしいのは、花瓶のお花の持ちがよくなったことです。

北海道では、数年前からサロンのヒーリング講座をはるばる受けに来てくださっていた、Mさんと再会できて(といってもよくお会いしているので年末ぶりくらい)嬉しかったです。

彼女に色々と道内を案内してもらっている車中で、私のおしゃべりがさく裂してしまい、リーディングセッションみたいな感じになってしまいましたが、ワイワイ盛り上がって楽しいひと時でした。

Mさんが2年くらい前に受けたうちのヒーリングセッションがいまも忘れられないんですって・・・!

彼女曰く、「母親との関係性をヒーリングする」というテーマのセッションの時の話。

ヒーラー側の私が、「ヒーリングしますね」と言い、彼女の中の『母親との関係のカルマ(潜在意識の記憶)』を引き抜いたとき、

彼女の中で、頭の中がビリビリし、何かが抜けていくのが感じられて、驚異体験だったそうです。

それだけでも、びっくり体験だったらしいのですが、実際にその後の生活で、

「あれ、私、母との何に引っかかってたんだっけ・・・?」と、問題そのものすら思い出せなくなったとのこと!!!

2年越しにそのことを聞いて、狂喜乱舞といった気持ちでした(*ノωノ)

私いいセッションしたじゃん!というのもまずうれしいし(笑)、

あとは、やっぱりこれって、「Mさんが」感受性豊かで、素晴らしいってことなんです。

3日間、たっぷり彼女と過ごしてみて改めて思ったのは、Mさんはめちゃめちゃ素直で純粋な人なんです。

なんでも真に受けちゃうしw、いい人すぎるし、ものすごく謙虚だし(´;ω;`)

ちなみにそんなMさんは、最近、突発的にV6にハマっている。

V6が好きすぎて、全部グッズを買ったり、リモートライブ用に、ファンの象徴である神器「うちわ」を作ったりしてファン活動を謳歌している。

こんな純粋でピュアな人が、ヒーリングで何も感じられないわけがないし、

ユニバースが彼女を応援しないわけがないし、

願いもかなって当たり前だな~。 と、思います。

私はV6には興味はないけれど、彼女が好きだから、彼女が好きなV6には興味があるので、一緒に車中でV6の歌を楽しんだ。

ほっこり嬉しくなる、北海道での再会でした。



―フォースと共にあらんことを!

*AYANA*

繊細な北の国の風景

2020.10.14

今週は、北海道に来ています。といっても今晩帰りますが!

北海道に、ヒーリング講座をずっと受けてくださっていた受講生さん(今はお友だち)がいらっしゃるので、遊びに行っていました。

これは美瑛の青の池。

退廃的な神秘さが漂う場所でした。

寒々しい、アート的な美しさがありました。

ちょうどその前日、札幌の森美術館でムーミン展へも訪れました。

あの池は、ちょうどムーミンの世界観に通ずるような、北欧っぽい、

どこか哀愁漂う感じが背後にあるけれどもそれでものどかで穏やかで温かい感じ、

そんな雰囲気をこの青の池にも、ムーミンにも感じました。

北欧って、日照時間が短く鬱になる傾向も高い地域だから

ラテンのように元気陽気100%!という感じではないですよね。

だからこそそこに生じる繊細な温かさや穏やかさといった雰囲気が、結構好きです。

北の大地・美瑛にもそれに通ずるものを感じました。

沖縄といった南国や、ラテン国々の太陽とはまた違って好きです。

どちらも好きなのですが。


北欧系って、結構好きで、実はちょこちょこサロンの内装にも意識しているんです…

マリメッコのファブリックもすきだし、北欧系のモチーフの食器とかも好きです。

実はこの秋から、刺繍を始めたのですが、

北欧系のような絵本の世界観の刺繍を刺して、絵本の中にまぎれこみたいなと目論んでいます。


繊細さを感じた北海道の旅でした。

一見全然スピリチュアルに関係ない記事になってしまいましたが、

感性(感ずること)とスピリチュアリティは全くの同一だから、いいかなと思って更新です。


―フォースと共にあらんことを!

*AYANA*

箱根リトリートと、光の瞑想

2020.10.11

先週は、この数年サロンでヒーリング講座を受けてくれていた受講生のみなさんと、箱根でスピリチュアルリトリートを開催しました。

天気も良く、とても充実した旅になりました。

この写真は、箱根神社元宮の駒ヶ岳(標高1300mくらい?)から撮った、芦ノ湖の写真。

芦ノ湖と言えば、「龍」だけど、確かに龍がウヨウヨいそうな雰囲気を醸し出していましたよ!!

醸し出し~~

龍自体は優しく微細な波動を感じたけれど、ここの元宮のほうは修験者関連の神社だったので、厳かな雰囲気でした。

だいぶ厳かだけど、ここで恋愛祈願とかする人いるのかな(笑)

おみくじもみんな引いたけれど、ちょっと厳しめでした。

箱根神社は3社あって、「箱根神社」「箱根神社元宮」「九頭竜神社」となっています。初日の午前に全部回りました。

それぞれ雰囲気が全く違って、感じるものがありました。

受講生のみなさんと一緒に行ったので、この数年間ヒーリングを学んでこられた感覚をみんなフルで活用し、神社の波動を堪能しました。

とまあ、スピリチュアルなのは神社を回ったのと、ホテルで朝晩皆で瞑想に励んだくらい。

あとは私の趣味炸裂で、レトロな洋館・山のホテルに宿泊し、みんなでティーサロンで紅茶とあつあつアップルパイを楽しみ、夜はフレンチを堪能し、翌日はポーラ美術館でモネとマティスを感じる。足を延ばしてラリック美術館へ、絶品うな重と肝焼きに舌鼓を打ち、目も腹も満たして帰りました。

完全たる女子旅と化していました(笑)

でも、日々の瞑想でフォースと共にあることができるからこそ、かような豊かさも楽しめるもの!

美食と芸術も含めてのスピリチュアルリトリート、もとい「“フォースを現実に反映させた”豊かさのリトリート」、なのでした(*ノωノ)


箱根から帰ってきて今週は、早速待望の瞑想レクチャーメニュー「瞑想アチューンメント」の日々でした。

前回のブログを見てくださった方々より早速ご予約をいただいており、

私もこの瞑想レクチャーをしたくてこの2,3年はヒーリング講師として励んでいたのもあるので、本当にやる気MAXで臨んでいます。

昨日「瞑想アチューンメント」をさせていただいてふと、7年前に初めて瞑想を始めた当時20代の自分を思い出しました。

初めてこの瞑想をしたとき、私は 文字通り「光」を感じたんです。

お客様に昨日レクチャーしていて、それを思い出しました。

7年前の瞑想初体験のあの時

「わあー・・・・・・ッ!光だ・・・・・・!」

と鮮烈に、明確に、光を感じたんです。

あの時の強烈な光の体験は、今のこの活動のベースになっていると感じています。

ぜひ興味のある方は光の瞑想(瞑想アチューンメント)の体験をされてみてください。


そんな初心にすっかり立ち返った、センチメンタルだけれども情熱と力強さに満ちた、10月の日々なのでした。



―フォースと共にあらんことを!

*AYANA*

瞑想メニューが新登場

2020.10.03

おはようございニャ~~ッス!!

今日はこれからGOTOキャンペーンを使って、瞑想集中の旅に出かけますぜイエイ!

近場のパワースポットにて、一泊瞑想三昧してきます。

旅の模様は、InstagramにてUPしますニャ!!(↓インスタは、ブログ記事下部より♡)


さて今日は一本お知らせ。

ずっと、通ってくださってるお客様方に待ちわびていただいていた、「待望の!」瞑想メニュー。

その名も、『瞑想アチューンメント』というプライベート・マンツーマン講座がリリースしました~~!!

yeah!!!!! Wow!!!!!!!

瞑想アチューンメント。つまり、瞑想できる状態にあなたをアチューンメント(波動調整)するものです。

瞑想を習慣に取り入れたいけど、なかなかどうして、雑念が沸いてしまったり呼吸をどうしていいかわかりません!何が瞑想できている、っていう正解なのかわかりません!という方が多いものと思います。

そんなお声に応えるべく、瞑想インストラクターの私が、日々どうやって瞑想をしているか・・・その瞑想のエネルギー状態にあなた自身を調律させていただいて、ご自身で・お家で・瞑想に入れるようにエネルギーを活性化させていただきます。

これで、サロンで「こんな感じだよ」「これが瞑想だよ」というのを体験してもらい、調整しますので、ご自身の習慣にできると思います。

習慣にできてしまえば、その感覚は一生もの。

是非お受けになってみてくださいね。

メニュー内容ページはこちらから。

ご予約は、10/6(火)~より。すでにオンライン予約ページでご予約いただけます。


また、『瞑想アチューンメント』をお受けになって、それを確認・復習・さらに応用の道へ進みたい!とう方向けに『復習用瞑想レッスン』というものも低料金でご用意いたしました。

こちたらもアチューンメント受講後にチェックしてみてくださいね。


※なお、この度、両メニューが正式にリリースしたことにより、7月より3か月間仮で提供しておりました、サロンで瞑想体験ができるライトな「瞑想レッスン」というメニューは終了いたしました!(厳密には、10/16迄はご予約ご利用いただけます。)
サロンにて瞑想体験が出来ても、結局お家で日々瞑想できるほうが、何百倍も大事で素晴らしいことなので、習慣づけるための道開きをする「アチューンメント」でまずは習慣づけていただきたいと考えています(*^-^*)


enjoy,瞑想の秋!



―フォースと共にあらんことを!

*AYANA*

Go back to your childhood

2020.09.28

秋分の日の少し前あたりから心身共にデトックス作用が生じ、今、人生史上最高に、心身が「整いつつある」、そんな状態です。

起床時間や食べ物の内容と量といったライフスタイルの事柄から、趣味の領域の事柄まで、あらゆることが生まれ変わりました。

最近の自分といったら、創作意欲がものすごいんです。

子供のころなりたかった「小説家」も、いまなってみてもいいかもしれない、そんな心境です。(というか、すでに着手し始めました。)

生まれ変わった・・・というより、“Back to Childhood”, すべてが子供のころに回帰していっています。

この傾向は秋分の日より前の、特にこの春から強く出てきていたもので、おそらく典型的な「瞑想効果」なのだと思います。

瞑想をしたり、ヒーリングでも、なんでもいいですが、要は「フォースと共に」あればあるほど、本来のその人自身に回帰していくものと思われます。

結局、子供のころに、すべての本質は顕出しているのだと思います。

みんなそれぞれ、「フォースと共に」ある度合いによって、子供のころの自分が還ってくる、子供のころと自分が「統合する」していくのだと思います。

もしかしたら、それが本当の意味での「大人になる」ということなのかも。

と、今書いていて思いました。

ここでいう「大人」とは、社会でいう「大人」のことではありません。

スピリチュアル的な意味での、つまり、霊的・精神的な意味で定義される本当の「大人」です。

本来、「大人」という定義は、『子供の自分がきちんと統合された存在』のことを言うんじゃないのかしら・・・。なんて偉そうに私もまだまだ途上ですが、ふとそんなことを感じました。

魅力的な大人って、だいたい、少年少女性を持ち合わせていて、かっこいい。そんなみんなが憧れる大人のことです。

別の表現や、アプローチでいうならば、それは「ハートを開いて生きる」ということなのだと思います。


さて、最後になりましたが、そんなわけで最も新しい「今」の私、サロンAYANAから、新しい瞑想のマンツーマンクラスを10月中旬より提供スタートしたいと思っています。

つきましては、前回の記事まででお知らせした講座の情報も、改定のため、一度白紙にさせていただいておりますので、ご注意ください!

最も新しい「今」ここから、一番「今」にあったレッスンをお届けしますので、情報のアップデートをお待ちくださいね。またブログでお知らせいたします。


―フォースと共にあらんことを!

*AYANA*

子供へのヒーリングセッション

2020.09.16

先日は、11歳の男の子がセッションを受けてくれました。

お母様がふだんセッションを受けてくれているのですが、息子さんである男の子が、お母さんが受けているのをみて、自分も受けたいと思ってくれたらしく(*´艸`*)

今回リモートでセッションさせていただきました。

お母さんのほうから子供にセッションをお勧めするのは、「お子さんの意思ではない」ので、あまり意味がないのでヒーリングとして成り立ちにくいのですが、

今回は息子さんからのご希望だったので、ヒーリングもばっちりかかる準備はOK!

ヒーリングがうまくできる秘訣は、本人自身が受けたいと思っていること、が超重要事項になってきます。

意思があるところに、エネルギー(フォース)は流れる。


11歳なので、大人と違って思考がガチガチに固められていませんから、行うヒーリングの内容・手法も普段と変えていきます。

大人はとにかく、潜在意識に固定された思考の制限をしっかり取っていくことが肝要です。

子供の場合は、本人の意思を確認して、ただ純粋に、シンプルにエネルギーを流すだけです。

大人の私なんかよりも、ずっと宇宙に近い存在ですから、自分で自分にエネルギーを流してもらったほうがヒーリングとしても早いと思いましたので、「宇宙と繋がるやり方」を教えてあげました。

以前も別の小学生の男の子に、宇宙と繋がるやり方を伝えて、やってもらったことがあったのですが、その子は生まれてくる前の胎児の記憶を少し思い出したりしていて、私のほうがびっくりしました。

子供って簡単にエネルギーと繋がりますね。

純粋な存在っていいなあと思った出来事でした。


♪お知らせ♪

瞑想のやり方をマスターする「ハート瞑想講座」の日程を増やしました!

10/17(土)~10/18(日)の土日回と、10/19(月)~10/20(火)の平日回です。少人数の4名様ずつまでです。

ご興味のある方は、内容はこちらです。チェックしてみてくださいね!

●講座一覧及びスケジュールページ

●ハート瞑想講座の内容ページ


―フォースと共にあらんことを!

*AYANA*

1 2 3 4 5 6 7 56